わたしたちです。

飲んでいるのはわたしたちです。

伊皿子 りり子: 書籍編集者

2016年春のしょんべん横丁で粗相の夜から日本酒(にごり酒)はやめている。好きな肴はべちょっとしていないマカロニサラダ、うずらの串カツ、メヒカリのから揚げ、ヘシコ、〆鯖。バカルディを使っておらず、ミントをケチっていないモヒートを探しています。近い将来、モヒート用のミント栽培をはじめる予定。世の中に広めたい呑み方はズブロッカのりんごジュース割り。好きな呑み方は週末、目玉焼きをつまみにいただく朝食プレモル。今年の目標は、缶つま全種制覇。

仕事では、国内外のノンフィクション(ビジネス、エッセイ、実用)を中心に手がける。一方でみんなが楽しい気持ちになれる本をつくりたい。個人的には事件もの、戦争など、硬派な海外ノンフィクション好き。最近の担当翻訳書に『ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室』(きこ書房、キャスリーン・フリン著、村井理子訳)、『息子が殺人犯になった』(亜紀書房、スー・クレボルド著、仁木めぐみ訳)など。書籍の企画は随時受付中。

■ Twitter: @lilico_i

■ E-Mail: lilico.i.xx★gmail.com

 

栗下 直也: 記者/書評家/コラムニスト

1980年生まれ、東京都出身。業界紙記者の傍ら、書評サイト「HONZ」や雑誌『本の雑誌』、週刊誌などに書評を執筆する。新橋系泥酔派を自認するが、酒場詩人は目指していない。辻潤の研究がライフワーク。

■ 連載コラム「その時偉人は呑んだ」(左右社)

■ Twitter: @naokurishita

■ E-Mail: naoyak55★gmail.com